JAあいら | あいら農業協同組合

JAあいら

6次産業化への取組み

6次産業化とは

6次産業化とは、これまで農産物の生産に留まることの多かった農林漁業者[1次産業従事者]が、自ら連携して加工[2次産業]や流通・販売 [3次産業]といった分野に関わることで経営の多角化を進めることであり、1次産業×2次産業×3次産業で6次産業化と呼ばれています。
JAあいらにおいても、農山漁村に存在する地域資源(農産物・バイオマス・自然エネルギー・風景・伝統文化)を有効に活用し、安全・安心で新鮮な農畜産物の魅力を最大限発揮してブランド力を強化することや、地域農業の魅力を多方面から伝え、付加価値を高めていく6次産業化に取り組むことで、農業者の所得増大と地域活性化に繋げていくことを目指しています。

6次産業化とは地域の所得向上・活性化

JAあいらの6次産業化への取組み

6次産業化商品

霧島さん家のグラノーラ
霧島さん家のグラノーラ

詳細はコチラ

ほのぼの きりしま茶
ほのぼの きりしま茶

詳細はコチラ

関連サイト
JAバンク鹿児島 JA共済 みんなのよい食プロジェクト 考えてみよう!TPPのこと
ページトップへ